読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さめも

ポケモンのことについてかきます Twitter @sasisu_memo

【ORAS全国ダブル】シーズン17ダブル 3位(PT:ガルーラエース・ミロウルガ2)

f:id:daikon07:20160913050417j:plain

シーズン17ダブルレート 94勝34敗 レート2030 3位

第31回京大カップベスト16(予選5-1 決勝0-1)

 

配分

f:id:daikon07:20160617232018p:plain191-187-124-*-121-145(84-196↑-28-0↓-4-196)

・A177メガガルーラ『おやこあい』「けたぐり」最高乱数×2以外耐え(108-128+54-64ダメージ)

メガシンカ後に準速霊獣ランドロス(S143)抜き+1

f:id:daikon07:20150313033328p:plain155-*-90-177-100-179(4-0↓-0-252-0-252↑)

f:id:daikon07:20150914122645p:plain167-203-122-*-101-141(20-156↑-92-0↓-4-236)

・HB167-110テラキオンを「ばかぢから」で確定1(168-198ダメージ)

・A194キリキザン『いのちのたま』+1ランク「ふいうち」耐え(140-165ダメージ)

・最速ドーブル(S139)抜き+1

f:id:daikon07:20151028032237p:plain195-*-132-120-145-120(196-0↓-164↑-0-0-120)

・C177化身ボルトロス『いのちのたま』「10まんボルト」最高乱数以外耐え(164-195ダメージ)

・「こごえるかぜ」一回で最速化身ボルトロス(S179)抜き

f:id:daikon07:20151028032252p:plain180-*-117-155-125-146(156-0↓-252-0-0-100↑)

・HD221-101モロバレルを「オーバーヒート」で確定1(224-266ダメージ)

・味方メガガルーラ(S145)抜き

f:id:daikon07:20140627025124p:plain167-71-170-112-170-58(252-4-0-252↑-0-0↓)

 

まえがき

レーティング最後の1週間くらいの時期にはじめてレート2030でした。

6世代最後のシーズンということで1位を狙いたかったものの、連勝できていたにもかかわらず、最後に潜る意志がなくこのレートで打ち止めにしました。

とにかくどんな相手にも柔軟に対応できるよう技やアイテムを埋めていった結果、同じ系統のパーティと比較したときに、一部の相手への耐性と引き換えに性能が落ちていてるように感じて、これは変えるべきなのではと迷う部分も何か所かあったものの、最後までこのタイプを使い切って満足行くまで勝てたので良かったです。

久し振りの全国ダブルでのレーティングでしたが、珍しい型やポケモンを使うプレーヤーに上位で良くマッチした印象を受けたので、なかなか想定通りにいかない対戦が多くて、とても楽しかったです。

 

以下簡単な解説メモ

・基本はこの記事のパーティ 【ORAS全国ダブル】シーズン13ダブル 5位(PT:ガルーラエース・ミロウルガ)- さめも

・変更点①ガルーラを「グロウパンチ」ガルーラ同士のミラーや対ドーブルを意識して素早さに重点を置いて配分

・変更点②ボルトロスを対リザードンテラキオンミロカロスあたりを意識して『いのちのたま』アタッカー型に変更

・変更点③ギルガルドを対ボーマンダやゲンガー、サーナイトあたりを意識して『のろいのおふだ』を持たせたアタッカー型に、珍しいアイテムだがかなり強い

ボルトロスは対「ふくろだたき」コンボを軽視する、他のコマで崩せるようにするならば「サイコキネシス」がとても強そう

ミロカロスは対ドーブルを切り気味にする、対モロバレルへの立ち回りに自信があるなら『ゴツゴツメット』の所持でよりメジャーなパーティに強くなれる

ウルガモスは何度も単体で強い「ちょうのまい」型と迷ったが、それならばパーティ全体の変更が必要で かえんほうしゃ/ギガドレイン/めざめるパワーこおり/ちょうのまい@ラムのみ にしてミロカロスゴツゴツメット』、ガルーラ「まもる」→「ねこだまし」がよさそう

・ショウダイさん (@sho249962) が似たパーティでシーズン16のレーティングで最終3位を取ったときに「せいなるつるぎ」持ちの『じゃくてんほけんギルガルドを使用されていた、今回はボーマンダなどに強いコマにしたい、キチンとしたフェアリーへの打点が必要などと考えたが、ウルガモスの「むしのていこう」と非常に相性がよく、こちらも強力

・パーティとしては全体技が少ないため「このゆびとまれ」サポートを受けるガルーラ、強力な炎への受けが成立しないためリザードンパーティの2つに対して特に後手に回ると崩されやすい点が気にかかった