読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さめも

ポケモンのことについてかきます Twitter @sasisu_memo

【インターネット大会】イッシュファイナル 23位(PT:噴火砂スイッチ)

f:id:daikon07:20160829054729p:plain

カポエラーAS ボルトロスAS クレセリアHC

バンギラスHA ヒードランHC モロバレルHbD

戦績:32勝9敗 レート1816 23位

 

インターネット大会「イッシュファイナル」に参加しました。

全国図鑑No.001~649のポケモン(禁止伝説・幻除く、またメガシンカが使えない)が使用可能なトリプルバトルの大会。カロスマークなしの個体も使用可能です。

 

主に五世代トリプルのパーティ記事を参考にして、最初は五月雨トリパ(ユキノオーブルンゲルのトリル軸)をベースにしたパーティを使ったが、1700↑からバンギラスや雨に全く勝てず改善案もまとまらなかったため、メインのロム用に別のパーティを作成することに。五月雨トリパに組み込んでいた『くろいてっきゅう』バンギラスが他のトリル軸に対して圧倒的に強かったため、それを中心にしたパーティを組んでいたところ、補完の枠に入るポケモンにしゃむさんのバンギラスと『まけんき』ボルトロスとの相性が良い という意見を参考に採用を決めた。

叩き・雨・トリルの3つの軸のパーティがトップメタと考えていたので、バンギラスと相性がよく立ち回りに柔軟性があるトリル軸を選択。エースに耐性と数値を兼ね備えた「ふんか」ヒードランと、他のトリル軸に対して優位に動ける『くろいてっきゅう』バンギラスを採用し、「トリックルーム」要員に2体と相性がよく、かつCに配分することで広い技範囲と合わせて行動の幅を広げるクレセリア、ここまでで苦しい対雨の解決にモロバレルを採用。「にほんばれ」でヒードランを無理やり通す、バンギラスと2つの天候奪取の手段を用意でき、かつそれ以外のパーティにもエースに通る格闘打点のケアに、催眠による妨害性能と高い汎用性を持っている。

パーティ全体を整えるサポートを兼ねた格闘枠にズルズキンハリテヤマカポエラーから迷ったもののパーティの耐性面と「ワイドガード」、『いかく』の安定感からカポエラー。最後にこちらのトリル展開を妨害しに来る初手のカポエラーの並びをけん制することができ、広い技範囲を持つ、「フリーフォール」の展開補助などから『まけんき』のボルトロスを採用。バンギラスが削り残した相手を最後に上から縛る流れや、全体に処理の遅れがちなカポエラー、ルンパッパなどに初手から圧力をかけられる点が非常に頼もしかった。

この2体の採用により、理想としていた「トリックルーム」に依存しきらないトリル軸の形に仕上がった。

 

以下要点メモ書き

基本選出 クレセリアカポエラーボルトロス

対叩き  クレセリアカポエラーボルトロス

対雨   クレセリアバンギラスボルトロス

 

カポエラー『ラムのみ』は「インファイト」+砂の定数ダメージでドーブルを処理したいため、ミラーでの「ねこだまし」の打ち合いで優位に立てる最速が使いやすかったが配分はHSでも良かったかも

バンギラス「まもる」→「ちょうはつ」でクレセリアモロバレルヒードランのミラーにかなり厚くなるため一考、基本は「トリックルーム」展開から受け出しの流れなので支障はそこまでないはず

ボルトロス「はたきおとす」採用で一貫性の高い技が持てるがどの技も切れない

ヒードラン『シュカのみ』はミラーでの打ち合いを避ける余裕がないパーティのため

クレセリア『メンタルハーブ』はカポエラー1枚のサポートで不安な対叩きや不意の「ちょうはつ」に展開を邪魔されないため(モロバレルは基本的に先発で出さないためこの場合のサポートにはカウントしない)、「エナジーボール」は主に対トリトドンモロバレルに一任したくないためで対雨においても周りが天候を取ってクレセリアで削りに行く流れにマッチ、「しんぴのまもり」も欲しいが『ラムのみ』なしでの採用がやや疑問符(『メンタルハーブ』は切れない)

モロバレル「にほんばれ」はそれなりに読まれやすいと思ったがバンギラスとの二枚採用で対雨にかなり安定した

ボルトロスの案をもらったしゃむさんに、打点を考えるとマリルリの採用が全体に相性がよく、また「トリックルーム」要員に雨耐性を高めるヤドキングなどもマッチするのでは? と大会後に意見をいただいたのでメモ

 

レートの数値だけ見れば目標だった1800のラインは超えたが、パーティ単位での負け、プレイング単位での負けをそれぞれ何度かあり、力不足を実感させられた。ただ久し振りのトリプルは楽しかったのでまた折を見てプレイしたい。