読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さめも

ポケモンのことについてかきます Twitter @sasisu_memo

【VGC2016】PT:エルゲングラゼルネ

ダブル VGC2016 大会 反省

f:id:daikon07:20161031014502p:plain

(6体固定orドーブルを他のポケモンに変更して別のパターンもいくつかあるものの上が一番使ったものです)

戦績

・Showdownのladderで2つのアカウントで同時に1位と2位Elo1884,1866

・第6回北河内オフチーム戦準優勝(VGC2014~2016の3人チーム戦)

・第4回カマルオフ(グロリア2016関西予選)でありえないくらいボコボコにされて最短で予選落ち

配分の意図

ガルーラ:181-176-121-*-121-167

特に調整なし

ゲンガー:135-*-113-210-115-200

 HB:A146ファイアローの『いのちのたま』補正「ブレイブバード」15/16で耐える

 C:「シャドーボール」D168までのドータクン,クレセリアに最低120ダメージ

       「ヘドロばくだん」で181-120メガレックウザに90-106ダメージ

S:最速(このルールで最速は採用されにくいためミラーに有利)

グラードン  189-*-182-222-127-101

HD:C202ゲンシグラードンの「だいちのちから」を15/16で耐える

S:「おいかぜ」で最速クロバットS200抜き、「トリックルーム」で無補正無振りグラードンS110より遅い

ゼルネアス:224-*-121-198-119-126

使い慣れてる控えめ火力重視の配分からSを少し伸ばしたもの(グラードンレックウザから受けるダメージが怪しいのでCを削ってHに回すなどして改善の余地あり?)

エルフーン:120-*-137-97-96-184

H:「がむしゃら」のダメージを上げるためHP個体値を0に(「おんがえし」「シャドーボール」と合わせてHPを120まで削ったゼルネアスドータクン,クレセリアが倒せる)

ドーブル:155-*-88-*-80-84

HB:A194メガガルーラの『おやこあい』補正「グロウパンチ」耐え(『いかく』込みA194メガガルーラの『おやこあい』補正「おんがえし」耐え流用)      

HD:C209までのメガゲンガーの「ヘドロばくだん」15/16で耐える(ファイアローの『いのちのたま』補正「ブレイブバード」などを意識して耐久に振るゲンガーの攻撃を耐えることが出来る)    

解説

これまでグラードンゼルネアスはミラー対策の『レッドカード』や「おさきにどうぞ」モロバレルなどを採用したゼルネアスでの積み展開に寄せたパーティしか使っておらず、別のコンセプトを使いたいと思って、いのせのさんが代表決定戦で使われたガルーラ+エルフーン(2016-09-08 - いのせのの日記)と、Cooさんにこのルールが始まった当初に教えてもらったゲンガー+エルフーン(エルゲングラゼルネ - Coo_st’s blog)から考えて「おいかぜ」グラードンゼルネアスを展開することを主軸に。

組んだ当初はかなり勝率もよく、その後にアメリカの地区大会でこの6体のパーティが優勝していた(【WCS2017】アメリカ・オーランド地方大会まとめAMALGAME [アマルガム])のもあって、同じ並びでまったく別の動きができるこのパーティで基本形は完成していると思ったものの、色々とトラブルがあって、事前に何点か感じていた欠陥を直さないままカマルオフで使用したら、それがダメでボロ負けでした。

個人的にガルーラドーブルグラードンゼルネアスの4体での選出を使うのが苦手だったのが良くなかったと思うものの、それを差し引いても受け身になりがちで、結果としてあまり強さを感じないパーティになってしまったなと反省してます。