読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さめも

ポケモンのことについてかきます Twitter @sasisu_memo

【ORAS全国ダブル】シーズン8ダブル 14位・20位(PT:バシャーモ+瞑想クレセリア)

f:id:daikon07:20150312162938p:plainf:id:daikon07:20150312162948p:plain

f:id:daikon07:20150312163004p:plainf:id:daikon07:20150312162957p:plain

f:id:daikon07:20150312163011p:plainf:id:daikon07:20150312163019p:plain 

 

Pokemonmove1move2move3move4abilityitem
バシャーモ けたぐり フレアドライブ 岩雪崩 守る 猛火→加速 バシャーモナイト
クレセリア サイコキネシス 凍える風 瞑想 月の光 浮遊 防塵ゴーグル
化身ボルトロス 10万ボルト めざめるパワー氷 草結び 守る いたずら心 命の珠
キリキザン 叩きおとす アイアンヘッド 不意打ち 守る 負けん気 気合の襷
トリトドン 大地の力 冷凍ビーム 自己再生 守る 呼び水 オボンの実
シュバルゴ アイアンヘッド メガホーン ドリルライナー ファストガード 防塵 達人の帯

・戦績

ORASリーグダブルレートシーズン8 

レート2012最終20位

レート2018最終14位(66勝27敗)

f:id:daikon07:20150317150804p:plain

f:id:daikon07:20150317150816p:plain

TNさしすのロムは試行錯誤をしながらプレイしていた結果なので、最終二日間で別のロムでプレイしてみたところ、上記のような戦績だった。

ちなみに公開当初は書いてなかったが、さしすのロムは

f:id:daikon07:20150313033315p:plainf:id:daikon07:20150313033324p:plainf:id:daikon07:20150313033328p:plainf:id:daikon07:20150313033337p:plainf:id:daikon07:20150313033443p:plainf:id:daikon07:20141218140055p:plain

この6体でモロバレルがバコウの実を所持していた。

 

・まえがき

シーズン8ではこれまでに自分が未使用のメガシンカポケモンの中でも強力な要素を持っていると感じていたメガバシャーモメガボーマンダの2体を軸に様々な形を試していたが、その過程で瞑想を積んでいくタイプのクレセリアが苦手とする相手がほとんどバシャーモの攻撃範囲に固まっていることに気づいた。これに着目しこの二体の選出を基本として、バシャーモで荒らしてクレセリアが詰める展開を主軸に。

なおパーティの原型は並びを模索しているさいに検索で見つけた、XY全国ダブルでのメガバシャーモ構築を大いに参照させていただいてい(記事下部にリンク掲載)。

 

・数値一覧

f:id:daikon07:20150313033315p:plain155-233-100-*-101-152f:id:daikon07:20150313033324p:plain223-*-170-95-150-127

f:id:daikon07:20150313033328p:plain155-*-90-177-100-179f:id:daikon07:20150313033337p:plain141-194-120-*-90-122

f:id:daikon07:20150313033443p:plain218-*-106-119-121-60f:id:daikon07:20150313033438p:plain175-205-125-*-128-22

 

・個体解説

バシャーモ

バシャーモナイトメガシンカ枠としての採用のため

猛火→加速:トレース耐性、トリックルームに対しての選択肢を増やすため、メガシンカ運用の場合は加速にするメリットは皆無

f:id:daikon07:20150603043451p:plain155-189-90-*-91-132

f:id:daikon07:20150313033315p:plain155-233-100-*-101-152

フレアドライブ:一致技、広範囲を大きく削る 

けたぐり:遂行技、相手に圧力をかけ続けられるよう継続して戦闘を行うために、能力低下のある馬鹿力は不採用

岩雪崩リザードンに役割を持ち、霊獣ランドロス以上の火力素早さから削りをこなうことが出来る

守る:必要不可欠、加速とのシナジー

 

解説

このパーティーにおけるエース的役割を担うポケモン。攻撃面では器用な印象を受けるポケモンだが、物理に特化することでメガシンカポケモンの中で高い汎用性を持つガルーラ、クチートリザードンの3体に対して強力な打点を用意することが出来る。トリックルームと電磁波以外のS操作に対して強く、またその方法も特性の加速を発動させることであるため、保守的な守る行為がアドバンテージに繋がり様々な相手にペースを握らせずに立ち回ることが出来る。

命の珠を持ったバシャーモでも近い働きはこなせるが火力、耐久、素早さが全て高い水準まで伸ばせるのがメガバシャーモの強みであり、それによる居座り性能から相手に常に圧力をかけ続ける展開を狙うことも出来る点が大きな魅力である。

天候パーティに単独で強い、鬼火を受けない格闘打点といった要素が、同じ物理中心のメガシンカと考えた際にはメガガルーラに比べて頼もしい。

 

クレセリア

防塵ゴーグル:要塞化を狙うクレセリアの足止めを行い、集中での突破を狙うモロバレルを逆に起点にすることが出来る。これによりモロバレルを処理しないルートも選択できるのが強み

浮遊:固定特性、バシャキザンからの優れた引き先に

f:id:daikon07:20150313033324p:plain223-*-170-95-150-127

サイコキネシス:一致技

凍える風:S操作+削り、氷打点と複数の要素をはらんだ技

瞑想:要塞化でのゲームエンドを狙う

月の光:回復ソース、様々な局面でとりあえずクレセリアを場に立てる択が取りやすい

 

解説

バシャーモを表のエースとするなら裏のエースがこのポケモン。苦手な相手を周囲に処理してもらってから詰めに向かうか、凍える風という優れた範囲打点+S操作でサポートをこなすかの選択ができる汎用性が強力。全体的に数値の低いポケモンが多いこのパーティでは貴重な繰り出し要員であり、回復技も含めてクッション役としても優秀。

 

ボルトロス

命の珠:低耐久にマッチしており、縛れる範囲が大きく広がる

いたずら心:固定特性

f:id:daikon07:20150313033328p:plain155-*-90-177-100-179

10万ボルト:一致技

めざめるパワー氷:遂行技、主にガブリアス

草結び:遂行技、主にテラキオン

守る:狙われやすく、ガルーラの猫だましで大きく削れるため切れない

 

解説

高耐久水タイプに対して、強い圧力をかけられる高速特殊アタッカーとして採用。副産物的に、電磁波に対しての後投げ性能も併せ持つ。このタイプのボルトロスであれば霊獣フォルムにすることで、メガリザードンYを確実に一撃で葬れるようになったり、サンダーやスイクンあたりへの優位がはっきりと付くが、一定数いるガブリアス、ゲンガーに対して事故を起こさず攻撃するために化身フォルムを選択。

 

キリキザン

気合の襷キリキザンは明らかに行動保障がついている方が動きやすい、特に猫だましやこの指とまれのないこのパーティでは命の珠より優先したい

負けん気:採用理由になる特性のため、他の特性は流石に用途が限定的になる

f:id:daikon07:20150313033337p:plain141-194-120-*-90-122

叩きおとす:一致技、追加効果も込みで一貫しやすく強力。S操作を積極的に使うパーティではないので、ダメ押しは不採用

アイアンヘッド:遂行技、耐久にガッツリ振ったニンフィアには耐えられる可能性も考慮する必要がある

不意打ちキリキザンの最大の魅力である先制技、負けん気とのシナジー

守る:耐久値に大きく不安があり、先発で様子見したいシーンも多いため

 

解説

特にバシャーモに対しての後出しが成立しやすいランドロスを意識しての対威嚇への要請とニンフィアへの安定した遂行要員として採用。威嚇でのごまかしが難しい強力な高速および先制物理打点を並べる、いわゆるバシャーモキリキザンの形をとることが出来、この並びの制圧力でゲームセットまで持って行ける展開も多々見られた。瞑想を積む前のクレセリアに打点を持つ霊に対して先制技で牽制がかけられるため、そちらとの相性も良好に感じられた。

 

トリトドン

オボンの実:様々な相手への繰り出しの保険に、微妙に足りない耐久値を補う

呼び水:対雨パーティの要に、バシャキザンとの相性が非常に良好

f:id:daikon07:20150313033443p:plain218-*-106-119-121-60

 HD:C222ギルガルドシャドーボール二回耐え(84-99ダメージ

大地の力:一致技

冷凍ビーム:遂行技、一致技の熱湯などより優先したい

自己再生:役割対象にぶつけるまでに消耗してもリカバーでき、動かし方に幅が生まれる

守る:4倍弱点持ちであり、大切に扱うため守る。また対雨に置いてルンパッパの前で居座るためにも必要

 

解説

対電磁波およびトリックルーム、対雨パーティ、および耐久値の低いボルトロスによる処理に依存したくない高耐久水ポケモンへの詰めのカードとして採用。役割対象やこなしてもらいたい仕事がはっきりしており、それまで延命させる必要があるため。オボンの実、自己再生といった要素を組み込んだ。やはり特性が何よりも優秀で、バシャーモが隙を見せやすいマリルリを、腹太鼓発動後でも妨害できる貴重なポケモンの一体でもある。クレセリアが打点の用意できないヒードランギルガルドに役割を持つことが出来るのでこちらとの相性も良好。

環境に多くゲームメイクを行いたいランドロスボルトロス、サンダー、スイクンあたりに強いが、そもそもガルーラやニンフィアのような相手に不利が付くこと、一定数いる草結び、めざめるパワー草などの採用個体には気を付けたい。

 

シュバルゴ

達人の帯:命の珠をボルトロスに優先したため、火力補強アイテムとして選択

防塵クレセリアと並べることでモロバレルを無力化し、またトリックルームに絡んでくるモロバレルに動きを阻害されない

f:id:daikon07:20150313033438p:plain175-205-125-*-128-22

アイアンヘッド:一致技かつ遂行技

メガホーン:一致技、対クレセリアへのダメージから命中不安だが選択

ドリルライナーヒードランギルガルドへの打点。命中がこちらもやや不安だが、範囲がぐっと広がる

ファストガードバシャーモの天敵である先制電磁波、ブレイブバードをケア。特に後者は良いカモに

 

解説

ここまでで怪しい対雨、トリックルーム、ガルーラ、ニンフィアクチートクレセリアファイアローモロバレルサーナイトなど多くの不安要素を他の5体との並びを意識することと合わせて解消してくれたポケモン。横の並びの兼ね合いが難しく選出するポイントはかなり絞られるが、上記に挙げた要素に対しては無類の強さを誇り、非常に優秀。

能動的にS操作から攻撃に向かうポケモンという印象が強かったため、受動的に動くことになるこの構築では採用を非常に迷ったのだが、トリトドンシュバルゴの並びを対トリックルームへの解答として盛り込まれている構築を参照させていただいて使用してみたところ、この構築の6体目のポケモンに求めている要素をすべて満たしてくれていた。

 

参照元記事

りうむさん↓

使用構築 シーズン5 本ロム:アクアのブロマガ - ブロマガ

バオッキーさん↓

【ダブル】S4終盤からS5で使っていたバシャボルト構築:赤い猿の挑戦 - ブロマガ